predra のすべての投稿

保健科学東日本の仕事の価値が高まっている

1.保健科学東日本って何をしてる会社?

最近は保健科学東日本の価値が高まる傾向にあると考えて良いでしょう。
この会社は企業活動に伴う環境への影響を適切に評価するという事をしているので、最近のエコの動きに叶ったものと言えるのかもしれません。
更には省資源・省エネルギーを推進するという事を考えているので、これも今の地球に必要な事だといって良いでしょう。

実はこうした事を考えるのは企業は極めて苦手です。
というのは企業は常に利益を最優先するという事を考えていますから、廃棄物などの処理は出来るだけ考えたくないという事になるからです。

残念な事に企業が経済活動をすれば必ず廃棄物は出てくる事になります。
ですが、この廃棄物は必ず出てくるものなので、これを処分するという事は出来るだけしたくないというのが企業の考え方ということになります。

何も考えないで放棄することが出来れば、それでコストはかからないわけですから、これ以上に企業にとって良い事はありません。
ですが、そのような事をすれば今の環境問題が更に悪化していく事になるのは中国の例を見ても明らかです。

廃棄物は利益を生むことは無いわけですから、これは要らないので、企業からするとどこか遠くに捨ててしまえばいいという事になるのは、企業からすれば当然の事になってしまうという事です。

そして、それが目に見える形で環境汚染となって自分達の元に降りかからなければ、それを改善することもしないというのが、一般的な企業だと考えて良いでしょう。

2.環境問題を考える必要がある

何故ならそれをすると、大変なコストがかかる事になりますから、そのような企業はその代金を製品価格やサービス価格に上乗せしていいかなければならないので市場で勝つことが出来なくなってしまうという事になります。

市場で勝てなければ消えていくしか無いわけで、残るのは環境を考えないところとなり、それが当たり前の世界になってしまったという事です。

ですが、これだけ地球環境が変わってしまっているという事になれば、そのような事を言っていられないという事も証明されてきました。
地球温暖化というような事もありますが、更には自分達が住んでいる環境そのものが汚染されていて、生存すら危ういところも出てきているという事も分かって来ています。

そうなれば、これを効率的に改善していく事を提案してくれるところがあると、助かるということになります。
そこで登場してくるのがこの保健科学東日本という事です。

此処は単に廃棄物は捨てては駄目というような事を言うところではありません。
上記の様に環境への影響を適切に考えるという事をしているので、良い所と悪い所を判断することが出来るようになるというわけです。

当たり前の事ですが、廃棄物の全てが駄目というような事では無く、その中の特定のモノが良くないという事が分かれば、企業とすれば、それだけを除去するだけで良いという事も考えられるようになります。

更には環境への負荷がどの程度なのかという事も理解できるようになると、その意義も理解できるようにもなります。
全ての事を改善しろということになれば、これは不可能ということになりますが、必要なところは必要なだけ改善するという事であれば、企業としてもやりやすいという事にもなるでしょう。

つまり、これは企業にとっても良い話にすることが出来るという事でもあります。

3.実現可能なレベルでのエコや省資源という事を考えている

最近はエコが出来る企業は世界的に評価されるという事も分かっていますから、必要な事をしっかりとしているという事は信頼を得るための材料とする事も出来るということになります。

となれば、この保健科学東日本を活用して、その必要な事を調べるという事も出来るということになるわけです。
となれば、その企業が出来る事もイメージとして掴むことも出来るようになるでしょう。

最近は、ビニール袋の環境問題なども取りざたされていて、コンビニやスーパーで使用されるレジ袋が全て有料化されるというような事も出てきています。
この事を見ても環境問題は待ったなしになっていると考えて良いでしょう。

レジ袋が有料になっても、それを利用する人当然いるわけですから、これによってどれぐらいの環境問題が解決するのかは分からない所はあるわけですが、少なくとも今の状態を変えていく事は出来るということになります。

保健科学東日本の考えている事は、完璧なエコの世界ではなく実現可能なレベルでのエコや省資源という事を考えている所が良いという事が言えるのかもしれません。

こうした環境保護を考えるようなところは、えてして理想郷のような事ばかりを考えてしまうので、実行力が伴わない意味のない提案で終わってしまうという事が多いのですが、此処は実行することが出来る現実的な提案が可能ということになりますから、価値があるというわけです。

夢物語は企業には通用しません、通用するのは現実的で実行可能なものということになりますから、保健科学東日本のような会社がヒット用になるわけです。

保健科学東日本の検査インフォメーションより引用

節約に繋がる電子ブレーカーの特徴

電気代節約

1.電子ブレーカーとは?

ネオコーポレーションなどが提供している電子ブレーカーとはいわゆる遮断器のことで、遮断機は一般的に契約以上の電気を使えなくしたり、漏電による事故を防ぐ為に使われています。
従来の遮断器はバイメタルといって、温度の上昇によって変形する金属を用いているのが特徴です。

漏電などの異常事態が発生すると、電流量の変化から発熱が生じて変形を引き起こし、物理的に回路を遮断するというわけです。
電子ブレーカーはこれをマイコン制御で行うもので、新しい仕組みで設計されているといえます。

こちらの特徴としては、制御が無駄なく細かく行えることで、余計な消費電力を使わなくて済む点にあります。ネオコーポレーション電子ブレーカー評判より引用

既存の遮断器から置き換えると、電力会社との契約がより無駄なく行えるので、契約容量が下げられるようになります。
契約容量が下がるということは、その分月々に支払う契約料金も下がることを意味しますから、年間では更に無視できない節約へと至ります。

どの程度の節約になるかは、置き換える遮断器の種類や契約内容によりますが、店舗などの商業施設だと月に数万円の削減に繋がるので馬鹿にできないです。

年間だと数十万円の無駄が減るわけですから、導入を検討する人達が増えているのも頷けます。
これは事業の規模が大きく消費電力が大きな施設ほど、節約できる可能性が大きいことを表しています。

2.ネオコーポレーションのような信頼できるメーカーの電子ブレーカーを選択すること

実際に導入を考えたい場合は、信頼できるメーカーの電子ブレーカーを絞り込み、用途に合ったものを選ぶのがポイントです。
日本国内で流通している製品は、いずれも国が定めたJIS規格に基づき設計・製造されているので、基本的な機能性は共通です。

ただ、メーカーによって製造品質にばらつきが生じたり、微妙なところで性能差が現れるのは本当です。
信頼性や長期的なランニングコストの意味でも、短期間で壊れてしまっては困るので、やはり信頼と実績のあるメーカー製品が狙い目となるでしょう。

電子ブレーカーにはコンピュータの頭脳に相当する、CPUという高度な半導体が使われていますから、製造品質が良くないと故障率が高まります。
故障時に対応してくれるメーカーならまだ良いですが、アフターフォローが微妙で期待通りの対応が得られないと、コスト削減どころか逆転に転じてしまいます。

理想的なのは、一度導入したら定期的な点検のタイミングまで何も不具合が起こらないという、ごく当たり前の安定した動作です。
バイメタルを使った遮断器と比べて、パーツが精密で設計や製造品質の重要性が増していますから、その点は頭の隅に置いておく必要があります。

仮に日本のメーカー製だとしても、自社で設計や開発を行わず、他社に丸投げして任せているケースも存在します。
OEMといって、他社の製品を他のメーカーが製造するのは珍しくありませんが、完全に丸投げだとそのメーカーの技術力やアフターフォローに懸念が生じます。

構造や設計を理解してこそ、初めて自社の製品が自信を持って世に送り出せるものなので、電子ブレーカーを購入するならこういったメーカーが理想的です。

3.大量の電気を使う工場やサービス業、農林水産業の施設などに節約が期待できる

導入によって節約に期待できるのは、大量の電気を使う工場を始めとして、サービス業や農林水産業の施設です。
工場なら自動車や鉄工にプラスチック加工を始めとして、金属の研磨と機械全般や紙工業も対象に入ります。

サービス業は販売業を筆頭に、飲食店とガソリンスタンドやホテルなども対象です。
医療機関でも節約の恩恵が受けられる可能性が高いので、前向きに導入を検討するだけの意味があります。

農林水産業においては、各種の協同組合や水産業に牧場も対象ですし、農作物の栽培を行う施設でも検討の余地が生まれます。
勿論、これで全てではありませんから、実際にはもっと多くの多様な業種で検討が行われたり、既に導入してコスト削減が実感されています。

メリットがあるということは、当然ながらいくつかのデメリットも存在しているので、電子ブレーカーを真面目に検討するならこちらも知っておくことが大切です。

主なデメリットは、販売店が間に入ることでコストが発生したり、トラブルの種が増えてしまうことでしょう。
前者は導入の際に避けられない負担なので、なるべく少なく済む販売店を見付けると回避できます。

後者も選び方一つで変わってきますから、販売店は相対的に比較して絞り込んだり、これまでの評価を参考に検討することをおすすめします。
他にも突然遮断器が機能して電気が止まってしまう、トリップという現象の発生がデメリットです。

トリップの発生は遮断器の故障の他にも、遮断器と契約容量のミスマッチによって生じるケースがあります。
頻繁にトリップすると営業などに影響しますし、食材を取り扱う飲食店なら食材が傷むリスクが高まります。

ビルやマンションではエレベーターや空調設備が使えなくなり、建物の機能自体に支障が出てしまうわけです。
信頼できるメーカーの製品で、適切な容量を選べば起こらない問題ですから、そういった部分においても信頼できる販売店を選び、そして任せることが重要となります。

初心者投資家におすすめの投資について立沢氏が説く

立沢賢一氏が解説するおすすめの投資

政府と日銀による異例のマイナス金利政策とインフレ政策によって、以前のように金融機関の定期預金に積んでおけば年利数%の金利がついて、デフレで資産が増え続ける時代が終わりました。

金融機関の定期預金の金利はほとんどの金融機関で横並びで0.01%まで下がって、100万円を1年満期の定期に預けても金利が100円でそこから税金を引かれると約80円になり、自動販売機の缶ジュース一本すら買えず、さらにインフレが進んでいるため資産がどんどん目減りして行くようになりました。

資産がインフレで目減りして行くのを避けるために、今まで定期預金に預けているだけで、リスクのある投資をしてこなかった初心者も元本割れのリスクがある投資を考えなければならない時代に突入しました。

だけどリスク投資をこれまでやって来なかった人だと一体何に投資すればいいのか解らないはずなので、初心者投資家にわかりやすいようにどんな投資があって、どんなメリットとデメリットがあるのかを紹介します。

元本割れリスクがある投資で一番安定している投資に、個人向け国債があります。
個人向け国債は近所にある銀行や信用金庫などのほとんどの金融機関で買える金融商品です。

個人向け国債のメリット

メリットは定期預金の金利より僅かに高い利回りと、国の借金なので国家財政が破綻しない限りは確実に返済される点にあります。
デメリットもあって、例えば10年満期の個人向け国債を購入した場合に、景気が本当に良くなって金融機関の金利が上昇した時に、国債の金利よりいいから途中で解約して売却するとかなりの元本割れを起こしてしまいます。

国債を買う時は長期金利上昇や、マイナス金政策の継続予想などを考慮して満期の年数を決めたり、余剰で使う予定が未定の資産投資に向いてます。
投資家から集めたお金を大きな1つの資金にして、その集めた資金で株式や債券などで運用してその運用で出た利益の一部を投資家に還元する投資信託があります。

会社が新規事業資金を集めるなどの理由で売り出す社債もあります。
社債のメリットは、その会社が倒産しないで、ある程度の安定した経営を行っていければ満期の時に、金融機関の定期預金よりは高い利益を上げられる事です。

社債を買うデメリットは、いつでも買える訳では無くて、人気のある高利回りの社債はすぐに売れてしまって中々購入できない点です。
さらに特に金利が高い社債に多いのですが、劣後特約や会社の事業で運用益が出なかった場合には、返還される金額が減らされるなどの様々な特約が書かれた社債もあって、会社の倒産以外で減額されるリスクがある事です。

近所にある銀行や信用金庫などの身近な金融機関でも購入できる

投資信託は証券会社だけでなく、近所にある銀行や信用金庫などの身近な金融機関でも購入できます。
投資信託のメリットは、投資の初心者でどんな株や社債などの債権を選んでいいか解らなくても、投資の専門家のいるファンドに任せて購入できる事です。

また株や債券だとある程度の資金が無いと分割のミニ株とかの例外でもない限り購入する事が出来ませんが、投資信託なら少額から始める事ができます。

また例えば株の投資信託商品の場合は、ファンドがリスクの低い株や、高利回りのリスクの高めの株をバランス良く分散投資して運用してくれるので元本割れのリスクは少ない点です。

投資信託のデメリットは、投資の専門家に任せるため高額の手数料が発生し、仮に予想以上の運用益が出てもその分高額の手数料が引かれるので意外と利益が少ない事です。

また自分自身で運用するわけではないので、投資家としての知識や経験などがほとんど蓄積されず、ずっと初心者投資家のまま成長できない点です。
それ以外にも銀行や証券会社の電話勧誘や窓口勧誘で、やたら手数料が高いハイリスクな商品や、質の低い投資に詳しい経験者なら絶対買わないような商品をすすめてくる事です。

ヘッジファンドを使って資産運用するメリット

資産が潤沢にある個人投資家向けの大量の個人資産を集めて、資産運用のカリスマ性のあるプロが運用するサービスにヘッジファンドがあり、世界中の大富豪の利用者も多いです。

ヘッジファンドを使って資産運用するメリットは、運用の成果がそのヘッジファンド会社の収益に直結していて信用に関わるため、運用成績が投資信託に比べて高く高利回りである事です。

また資金を集めるために運用実績を定期的に詳細な資料で報告されるので、実際に複数のファンドマネージャーから直接話を聞けたり質問できるので、市場の状況やこれから有望の投資先などの知識を学習できる点です。

デメリットはほとんどのヘッジファンドの最低投資金額が1000万円程度からなので、少額の投資には向かない事です。
会社が発行している株式を購入する株投資のメリットは、購入した株の株価が上がった時に売れば利益が上がる事や、毎年決まった時期に株の口数に応じて配当を受けられる点です。

さらに投資する事で自分の身近で好きな会社を応援したり、株主優待制度でその会社のサービスを割引で利用できる事もメリットです。
株式投資のデメリットは、常に投資を考えている会社や社会情勢を気にしたり、知識と経験を積んで行く必要がある事です。

立沢賢一

電気代を節約する方法

ネオコーポレーション直伝!電気代節約方法とは?

電気代を節約する方法は様々ありますが、最も手軽な方法は、何といっても電気料金契約プランの見直しです。
今は電力自由化の影響もあり、あらゆる電力会社から選ぶことが出来ますが、携帯会社とのセットプランやガス会社とのセット割引など豊富なプランが存在しています。

ご家庭により最適な契約プランは様々ですが、これを見直すことで確実に節電対策につながると言えます。
よって、節電対策をする上でまず初めにすることは、契約プランの見直しをすることだとネオコーポレーションは推奨しています。

【家電製品の買い替え】

次に家電製品の買い替えをすることをおすすめします。
家電製品は最新のものになるにつれて省エネ機能の性能が高くなります。

壊れていないからという理由で古い家電製品を使い続けると、かなりの電気代がかかっていることにもなりかねないため、10年以上前の家電製品を使っている場合は買い替えされることをおすすめします。

また洗濯をする際は、タイマー機能を使って電気代が安い時間帯にまわすこともおすすめですし、一日に何度も洗濯機を使用するよりは、まとめて一度にする方が確実にコストはかかりません。

冷蔵庫は夏場と冬場の設定温度を変えること、長時間開けっ放しにしないこと、そして食品を詰め込みすぎないようにすることも大切です。

【エアコンは自動運転が一番節電になる】

エアコンを使う時は扇風機やサーキュレーターを一緒に活用する等、一工夫するだけでかなりの節約につながります。
エアコンを使用する際、弱運転をして電気代を節約しようとしている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はエアコンは自動運転が一番節電になる仕組みになっています。

またこまめにスイッチをオン・オフにしている方もいらっしゃると思いますが、これもコストがかかってしまいます。
そのためちょっとした外出であれば自動運転のままにしておくと、帰宅後も快適ですし節約にもつながるのでおすすめです。

【その他の節電方法いろいろ】

その他、テレビを見ない時は主電源から切ること、炊飯器や電気ポットはコンセントを抜いておくなど、出来るだけ根源から断ち切ることが大切となります。
ご家庭でパソコンを使用している方も多いと思いますが、一日に何度も使用する場合、シャットダウンするよりもスリープ機能を使う方がコストはかかりません。

最後になりますが、カーテンを遮光性にする、窓の断熱対策をする、電気代の高い時間帯に外出する等、毎日の生活を見直すことでコスト削減につながることはたくさんあります。

日々の生活を見直して節電しやすい環境を作ることをおすすめします。

ネオコーポレーションより一部引用

景気対策としてカジノは有効か?

最近カジノが国会でもよく議論されるようになっています。

日本でもカジノを合法化して景気を良くしようとする動きがあるわけですが、これについては反対意見も多く実際に合法になるかどうかもまだ分からないところです。

方向性としては合法になる雰囲気はあります。

何しろ既に宝くじや競馬などは既に認められているわけですが、これでカジノだけは違法といっても説得力に欠けるものとなってしまいます。

治安を心配する声もありますが、競馬で治安が悪くなっているという人は今ではほとんどいないでしょう。

やり方次第であるということが世界の実施例を見ても分かります。

つまり、反対意見があるにしてもカジノを否定しているわけではないものが多く、その副産物的な治安であったり、依存症の人が出てくるというようなことを心配していることが多いので、それらは対策をすることで解決されることという考えになるでしょう。

カジノも合法にせざるを得ない

企業で勤める人がうつになる可能性があるから勤めてはいけないという考えはあり得ません。

うつになる対策を考えながらしっかりと働くという考え方をするのと同じです。

ですからカジノがギャンブル性があるから禁止ということについては宝くじや競馬などの既にあるギャンブル全てを禁止した上でそういう話をしなければ意味がないということになるでしょう。

競馬は依存症がないというわけではありません。

そして全国各地にあるわけですから、まず既にあるこうしたギャンブルから無くしていくことをしなければなりません。

これから来るギャンブルは禁止というのでは説得力に欠けること甚だしいことになります。

そのため、国会では認める方向性が出てきているわけです。

国民性が失われる危険性がある

ですが、景気対策としてこれをするには慎重に考える必要があるでしょう。

確かに競馬によって景気が良くなることはあります。

多くの人が競馬を見たりすることで経済活動に寄与しているからです。

ですが、景気対策としてギャンブルを目玉のようにすると、本当に大丈夫なのかという議論が必要になります。

日本は観光立国を目指しているわけですが、その目玉は観光であってギャンブルではないはずです。

その目玉をギャンブルにするということであれば、これはかなりリスクが高いということになるでしょう。

目指すところが変わってくるからです。

日本はこれまでは観光といっても施設などを見る観光を主体と考えてきました。

富士山などはそのよい例と考えてもいいでしょう。

ですが、ギャンブルとなるとこれに日本という国民性は失なわれることになります。

ギャンブルをしたい人にとって国などどうでもいい話です。

儲かれば何でもいいという考え方をするのか、そうではなく国民性を大切にするのかという判断がここで出てくるということになります。

海外でカジノが成功している理由

景気対策として何でもありにするのかというところまで話は行くことになるかもしれません。

ギャンブルが景気対策として間違っているかどうかはやり方次第ということになるでしょうが、もっと他に景気対策としてすべきことがあるのではないかという議論があってもいいでしょう。

ギャンブルは生産的な経済活動にはなりません。

既にあるお金を取る取らないという話です。

つまり、短期的な目線でして考えることが出来ないのがギャンブルということになります。

実際にカジノで成功しているところはギャンブルとして成功させているわけではなく、これに観光というテーマパークのようにしていることで成功しているわけです。

即ちギャンブルはお客さんに来てもらう為の一つのアトラクションに過ぎないようにしているわけです。

ここまでするのかということが議論されるべきことでしょう。

つまり、ギャンブルかどうかの問題よりも、景気対策として生産活動をする気があるのかどうか、サービスの向上をしていくことが出来るのかどうかということです。

その覚悟があるのかどうかということにもつながるでしょう。

日本がカジノで成功するためには?

ギャンブルというのはある意味では簡単に出来ることです。

賭場さえ用意すれば後は勝手に参加者がするでしょう。

ですが、これを景気対策として実施するのであれば、賭場を作ることがメインではなくて、賭場を含めたテーマパークを作ることがメインということになります。

つまり景気対策がメインであってギャンブルはその中のほんの一つの事に過ぎないわけです。

この本丸をしっかり議論することが必要で、一つのアトラクションに過ぎないギャンブルだけに注目しても本来の目的を見失ってしまうことになります。

本来の目的は景気対策というのであれば、その目的に対応できるものをしっかりと作る必要があります。

観光施設や宿泊施設、道路交通の整備など考えることはあまりあるということになるでしょう。

小さい目で一つの事を見ていても何も進みません。

本来の目的をしっかりと考えて、何をする必要があるのかを考えなければ、この問題を解決していくことは出来ないでしょう。

 

◎オンラインカジノランキング 2018年1月!おすすめのカジノを紹介
https://vegasdocs.com/ranking.html

ムダ毛の無い綺麗な肌を手に入れましょう

脱毛エステに通いムダ毛の処理を始める方が増えています。

日々のムダ毛の自己処理は時間と手間のかかっていくものです。

特に夏場等の肌の露出の機会が増えてくる時期には、毎日の自己処理が大変手間に感じることもあるものです。

脱毛というと、どうしても高額のイメージが伴うのですが、最近はエステタイムのような定額制のサロンも増え、予算的な都合で無理なく通えるようになっています。


出典:エステタイム口コミ

ムダ毛の無い素肌を手に入れることで、自分へのコンプレックスも消えて行き、洋服選びや下着選びが自由にできるだけでは無く、不思議と男性にも積極的になっていけるもおのです。

いまだに、脱毛には痛いとか火傷のイメージがつきまとっていたりもするのですが、最近のレーザー治療はピンポイントで毛根を照射できるようになっており、誤照射して肌を傷つけるようなこともありませんので安心してください。

敏感肌の方でも安心して施術を受けることができるように、光フラッシュやワックス等の施術方法も出てきて、デリケートな肌の方でも施術を受けることができるようになっています。

どこの脱毛エステでも、顔やデリケートゾーンも脱毛を施す部位に含まれていますので、短期間で気になる部位を綺麗にしていくことが出来るようになっています。

脱毛エステに通い綺麗な肌を手に入れることで、自分に自信を持てるようになります。

通いやすいサロンを選びましょう

これから脱毛を行っていくのであれば、自分なりに通いやすい脱毛エステを選んでいくことが大切になってきます。

脱毛を受けたことが無い方はイメージもつきにくい部分もありますが、人間の毛根のは毛周期というものがあり、一度、毛根を除去しても一定周期が経つと再生をしてくるようになっています。

もちろん、個人差はあるのですが、一般的には2~3回は再生をしてくるものです。

つまり、脱毛エステに通うのでしたら半年以上は通うつもりで選んでいく必要があるということです。

予算の都合も大切になってきますが、自宅から近い、職場に近い等の通いやすいエステを選んでいくことこそ大切になってきます。

自分なりに通いやすいエステが見つかりましたら、次は無料カウンセリングを受けてみることです。

自分の肌にあった施術方法であるかは、実際に施術を受けてみることが一番大切です。

また、最近は脱毛をするだけではなく、同時に痩身も施してくれるエステもあります。

美肌と同時に痩身も手に入れ、どこへ出かけても自信を持って行動の出来る自分に短期間で変わっていくことが出来るはずです。

脱毛サロン「エタラビ」の魅力とは

口コミで人気の高い女性専用の脱毛サロンはいくつもありますが「エタラビ」もその一つです。

通ったことはなくても有名俳優が出演しているテレビCMを見て知っている人も多いはずです。

エタラビは全身脱毛と部分脱毛の両方を行っている他にもお客様への大変丁寧なサービスを行ってることで人気があります。

エタラビ

例えば全身脱毛やVIOなどは専用のガウンに着替えて施術を行う所がほとんどで、ガウンやタオルなどのリネン類を専門の業者による洗濯を行ってはいますが、それでも「使いまわし」になってしまいます。

しかしエタラビではこのリネン類は「1回限りの使い切り」をしているとのこと、これなら衛生面でも安心ですね。

またエタラビを含む多くの同じ脱毛サロンでは主に「光脱毛」を行っていますが、施術後は熱を持った肌をクールダウンさせるための処置を「アイスパックだけ」「濡れタオルだけ」、もしくは「何もしない」という所もあって肌の弱い人は放置しておくと肌トラブルが起こる可能性があります。

しかしエタラビでは医療機関と共同開発した「潤水美肌ローション」を使ってお肌のケアをします。

コラーゲンを豊富に含んだジェルなので、施術回数を重ねていけば当然ながらムダ毛が次第に減っていくだけでなく美肌効果が期待できるのも女性にとってはとてもうれしい所です。

更にどこの脱毛サロンでも施術部位のムダ毛を予約日当日までに自己処理をしていかなければなりませんが、背中やIライン、Oラインなどは自分では綺麗に処理しにくいです。

剃り残しがあった場合に1000~2000円程度の手数料を払って処理を手伝ってくれる脱毛サロンが多い中、エタラビでは無料で処理をしてくれます。

ただしあまりにも剃り残しが多いと1回あたりの予約時間をオーバーしてしまうことにもなりかねないため、できる範囲では必ず自己処理をしていくことをおすすめします。

その他にもエタラビではいくつものおすすめポイントがあります。

事前にカウンセリングが行われるので気になる人は話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか^^

※エタラビ脱毛の口コミをチェック

気になる全身のムダ毛は「全身脱毛」がオススメ

「脇も脚も腕も、全身のムダ毛をなくしたい」という人にとって、全ての部位のムダ毛を自己処理し続けるのは大変ですよね。

部位によっては自己処理を長く続けてきたことで肌トラブルが頻繁に起こって悩んでいた人もいるかもしれません。

以前では主に料金面で「全身脱毛なんて絶対無理」と思っていた人も多いはずですが、今ではこのような人に脱毛サロンや脱毛クリニックでは気軽に「全身脱毛」ができるようになりました。

全身脱毛といっても「あらかじめどこを施術するか決められている所」から「部分脱毛のコースから希望する部位を選ぶという所」があり、自分の希望に合わせて選ぶことができます。

そして気になる全身脱毛の「料金」について、以前と比べるとかなり格安の料金で施術を受けることができるようになりました。

例えば脱毛サロンでは総額で払える所もありますが、5千円~1万円程度の「月額制」で脱毛料金が支払える所ではこの料金を支払い続けている間は通うことができる仕組みなので、部位によってムダ毛の量や濃さが違う場所でも満足できるまでなくすことができます。

この安さから一度にお金を支払うのが難しい「学生」や「専業主婦」でも全身脱毛ができるようになったのです。

また脱毛クリニックで主に行われている「医療レーザー脱毛」は、脱毛サロンで主に行われている「光脱毛」よりも最大で3倍程強いパワーでムダ毛を作る組織にダメージを与えるため、同じ部位でも脱毛サロンと比べると1/2~1/3程度の回数で終了します。

全身脱毛でも6回程度を施術を受ければどの部位でもかなりムダ毛をなくすことができるのがメリットです。

ムダ毛をなくしたい部位が多い人はどんなコースを契約すればいいのか迷っている人もいるはずですが、部分脱毛のコースを複数箇所契約するよりも、全身脱毛のコースを選んだ方がお得になる場合があります。

どこの脱毛サロンや脱毛クリニックでも契約する前に必ずカウンセリングが行われますので、しっかりと希望を伝えて最適なコースを選ぶことをおすすめします。

全身脱毛の定義は非常に曖昧

近年ではエステサロンや医療脱毛の分野において、全身脱毛と呼ばれる脱毛プランが普及していますが、これらの内容とコストパフォーマンスは施術を受ける施設に応じて変動しやすい特性があるため、十分に注意して比較を行うべきです。

まず、全身脱毛のプランだからといって永久脱毛の効果も同時に発揮するとは限らない点があげられ、処理に使用する技術と担当者の差が影響し、毛根部分に存在する発毛組織へ影響を与えられるかどうかは様々な要素次第で変わってきます。

永久脱毛

エステサロンで主に使われるフラッシュ方式による施術の場合、肌への負担が小さいなどの理由から肌が弱くデリケートな部分もまとめて施術できる利点を持ちますが、照射エネルギーに限界が生じてしまう分だけ永久脱毛としての効力を発揮しづらいデメリットはあります。

ただし、フラッシュ方式の原理自体はレーザーと同様のメカニズムなので、数回程度では効果が実感できなくても施術を受け続ければ再生率は徐々に低下していきます。

一方で医療レーザーやニードル方式を採用している場合の全身脱毛は、幅広い部位に対して脱毛を行うと同時に毛の再生率を低下させられる可能性が高めで、即効性のある永久脱毛として相応の効果を期待できます。

医療レーザーは肌への負担がやや大きい施術方法なので、敏感肌やアレルギー体質の人は施術を受けにくく、副作用のリスクを考慮し部位が制限されてしまう例も考えられます。

また、全身脱毛としての定義は非常に曖昧な傾向にあり、見た目は全身用プランとされていても施術を行えない部位が決められているパターンが存在するため、予め脱毛を希望する部位が含まれているかを確認してから契約を行う心がけが求められてきます。

対応していない部位を別途脱毛する際の多くはコスト面で不利な状況へ陥りやすく、無駄な出費を避けるためにもまとめて脱毛できるところを厳選しておくことが安く簡単に済ませるポイントになります。

予約の取りやすさも重要

全身にムダ毛が多い人は小まめに処理する事が必要なので、大変な作業です。

殆どの人がムダ毛のお手入れにはカミソリを使用します。

急なお出かけにも対応できるので非常に便利です。

しかしカミソリでの自己処理は肌へダメージを与えています。

カミソリの刃は肌へ過剰な刺激を与え、小さな傷をつけています。

乾燥肌や敏感肌等の慢性的な肌荒れの原因になっている事も少なくないです。

肌の状態が良くない人は一定期間、間隔を空けて自己処理する方が無難です。

しかしムダ毛のお手入れは最低限のマナーでもあるので、傷や痛みがあっても自己処理をしている人が殆どです。

長期間その様な習慣を継続していると、肌へ深刻なダメージを与えてしまう事もあります。

ムダ毛は脱毛サロンに相談すれば安全に取除いてくれます。

数多くの脱毛サロンがありますが、各サロンによりサービス内容や料金設定に大きな違いがあります。

親身に相談に応じてくれる優良な脱毛サロンを見つける事が先決です。

選択の際にチェックしておくポイントは数多くありますが、中でも完了までの総費用と予約の取り易さは重要です。

エタラビでは月額制を採用しています。

毎月一定額を支払えば、高額な追加料金の心配をせずに通う事ができます。

そして独自の予約システムにより、簡単に予約が入れられるので、効率よく脱毛プランを消化していけます。

更にエタラビでは肌へのケアも万全です。

コラーゲンがたっぷり入ったジェルを使用し、光を照射します。

そしてオリジナルの潤水美肌ローションを使用するので、脱毛と同時にツルツルの美肌の獲得も期待できます。

初めての脱毛は何かと不安や疑問を感じる事が多く、躊躇してしまいがちです。

エタラビでは事前に無料のカウンセリングを実施しているので、詳しい施術内容についての説明や個々に応じたプランの提案もしてもらえます。

無料カウンセリングを受けたからといってしつこい勧誘等は一切ないので、安心して利用する事ができます。

美肌作用も高いのも人気

エタラビの脱毛は高い人気がありますが、いくつかの人気のポイントがあります。

エステサロンでのムダ毛のお手入れには、必ず事前のシェービングが必要です。

自分で処理をしても、サロンで剃りの腰が見つかったら、スタッフによる有料でのシェービングというのが一般的です。

余計なお金を支払うことになるので、損をした気分にもなります。

でも処理を有料でもしてくれればいいですが、サロンによってはスタッフが一切処理しない方針で、剃り残しがあったらお手入れも不可というサロンさえあります。

そんな中にあって、エタラビでは体毛のシェービングをスタッフがしてくれますし、そのシェービング代は無料です。

剃り残しがあると、サロンでは照射できないことも多くあるので、一生懸命にシェービングをする女子は多いです。

頑張りすぎて皮膚に傷をつけてしまったら、元も子もありません。

最初からプロに任せるなら、自己シェービングで肌にダメージを与える心配もありません。

エタラビで行う脱毛は、美肌作用が高いことでも定評があります。

スタッフにより丁寧なシェービングがあって、さらには肌の丁寧なケアまであるので、脱毛のお手入れをした直後というのは、皮膚がめきめきと美しくなっていきます。

肌はすべすべになって、皮膚の色自体も明るい色に変わりますので、美肌効果の高さも抜群です。

エタラビは全身脱毛の費用も安いので、金額の安さでも選ばれることが多くなります。

高いサービスや結果も出すことから、トータル金額を考えると、全身脱毛も納得の通い方ができることになります。

エタラビでの高い評価として、顔コラーゲン脱毛も人気が高いです。

顔のムダ毛処理は部分的だと思われがちですが、エタラビの場合は範囲がかなり広くなします。

目の周囲以外は、顔はすべてのパーツを脱毛の照射範囲としているためです。

施術後には、専用の生コラーゲンによってパックをすることができます。

無駄が少なくなっていきますし、コラーゲンで肌は蘇ります。

エタラビの全身脱毛が人気な理由

今やサロンで脱毛を受けることは一般化しており、サロンも増加の一途をたどります。

その中でも人気なのが「エタラビ」です。

昨今ではテレビCMや雑誌広告など、脱毛サロンの宣伝を見ることは普通になっており、通っている人もごく当たり前に存在しますが、一昔前までは今に比べると敷居の高いものでした。

現在、人気の脱毛サロンの多くは割と最近創業された店舗が多いのですが、エタラビは10年以上の創業実績を誇ります。

また、今は当たり前となっている全身脱毛ですが、一昔前まではパーツごとに分けることが一般的でした。

でも、エタラビは創業以来、全身脱毛をメインに運営しており、その分野のエキスパートと言えます。

このような歴史と実績という安心感が人気の理由の一つではありますが、それだけではありません。

店舗で使用するタオルやリネン類は高級ホテルと同じグレードとなっており、店舗の清潔感にも力を入れています。

高級ホテルのゴージャスなエステを受けているような心地よさ、贅沢さを味わいながら施術を受けられるのが人気の秘密です。

また、施術後の保湿に使う専用ローションは医療機関と共同開発したもので、アフターケアをしっかり行うのでエステでマッサージを受けた後のようなつるつるのお肌が手に入ると評判です。

そして、サロン選びに欠かせないのは技術の高さです。

エタラビでは最先端の機器を使用しており、それを扱うスタッフは厳しい研修を行っています。

直接お肌を扱う仕事として、熟練の技術を身につける従業員教育もエタラビの人気の秘密です。

このようにタオル、リネン類から機器に至るまで最高級の物を使用しながらも、エタラビの料金は業界でもリーズナブルな部類です。

その理由は、テレビCMなど派手な広告を打たない戦略があるからです。

広告宣伝費を抑える分、脱毛料金を安く設定できるという創業以来のお客様目線の営業が長い間支持されている最大の理由です。

高い技術を安い値段で受けられるとして、今も昔も人気のサロンです。