「娯楽」カテゴリーアーカイブ

景気対策としてカジノは有効か?

最近カジノが国会でもよく議論されるようになっています。

日本でもカジノを合法化して景気を良くしようとする動きがあるわけですが、これについては反対意見も多く実際に合法になるかどうかもまだ分からないところです。

方向性としては合法になる雰囲気はあります。

何しろ既に宝くじや競馬などは既に認められているわけですが、これでカジノだけは違法といっても説得力に欠けるものとなってしまいます。

治安を心配する声もありますが、競馬で治安が悪くなっているという人は今ではほとんどいないでしょう。

やり方次第であるということが世界の実施例を見ても分かります。

つまり、反対意見があるにしてもカジノを否定しているわけではないものが多く、その副産物的な治安であったり、依存症の人が出てくるというようなことを心配していることが多いので、それらは対策をすることで解決されることという考えになるでしょう。

カジノも合法にせざるを得ない

企業で勤める人がうつになる可能性があるから勤めてはいけないという考えはあり得ません。

うつになる対策を考えながらしっかりと働くという考え方をするのと同じです。

ですからカジノがギャンブル性があるから禁止ということについては宝くじや競馬などの既にあるギャンブル全てを禁止した上でそういう話をしなければ意味がないということになるでしょう。

競馬は依存症がないというわけではありません。

そして全国各地にあるわけですから、まず既にあるこうしたギャンブルから無くしていくことをしなければなりません。

これから来るギャンブルは禁止というのでは説得力に欠けること甚だしいことになります。

そのため、国会では認める方向性が出てきているわけです。

国民性が失われる危険性がある

ですが、景気対策としてこれをするには慎重に考える必要があるでしょう。

確かに競馬によって景気が良くなることはあります。

多くの人が競馬を見たりすることで経済活動に寄与しているからです。

ですが、景気対策としてギャンブルを目玉のようにすると、本当に大丈夫なのかという議論が必要になります。

日本は観光立国を目指しているわけですが、その目玉は観光であってギャンブルではないはずです。

その目玉をギャンブルにするということであれば、これはかなりリスクが高いということになるでしょう。

目指すところが変わってくるからです。

日本はこれまでは観光といっても施設などを見る観光を主体と考えてきました。

富士山などはそのよい例と考えてもいいでしょう。

ですが、ギャンブルとなるとこれに日本という国民性は失なわれることになります。

ギャンブルをしたい人にとって国などどうでもいい話です。

儲かれば何でもいいという考え方をするのか、そうではなく国民性を大切にするのかという判断がここで出てくるということになります。

海外でカジノが成功している理由

景気対策として何でもありにするのかというところまで話は行くことになるかもしれません。

ギャンブルが景気対策として間違っているかどうかはやり方次第ということになるでしょうが、もっと他に景気対策としてすべきことがあるのではないかという議論があってもいいでしょう。

ギャンブルは生産的な経済活動にはなりません。

既にあるお金を取る取らないという話です。

つまり、短期的な目線でして考えることが出来ないのがギャンブルということになります。

実際にカジノで成功しているところはギャンブルとして成功させているわけではなく、これに観光というテーマパークのようにしていることで成功しているわけです。

即ちギャンブルはお客さんに来てもらう為の一つのアトラクションに過ぎないようにしているわけです。

ここまでするのかということが議論されるべきことでしょう。

つまり、ギャンブルかどうかの問題よりも、景気対策として生産活動をする気があるのかどうか、サービスの向上をしていくことが出来るのかどうかということです。

その覚悟があるのかどうかということにもつながるでしょう。

日本がカジノで成功するためには?

ギャンブルというのはある意味では簡単に出来ることです。

賭場さえ用意すれば後は勝手に参加者がするでしょう。

ですが、これを景気対策として実施するのであれば、賭場を作ることがメインではなくて、賭場を含めたテーマパークを作ることがメインということになります。

つまり景気対策がメインであってギャンブルはその中のほんの一つの事に過ぎないわけです。

この本丸をしっかり議論することが必要で、一つのアトラクションに過ぎないギャンブルだけに注目しても本来の目的を見失ってしまうことになります。

本来の目的は景気対策というのであれば、その目的に対応できるものをしっかりと作る必要があります。

観光施設や宿泊施設、道路交通の整備など考えることはあまりあるということになるでしょう。

小さい目で一つの事を見ていても何も進みません。

本来の目的をしっかりと考えて、何をする必要があるのかを考えなければ、この問題を解決していくことは出来ないでしょう。

 

◎オンラインカジノランキング 2018年1月!おすすめのカジノを紹介
https://vegasdocs.com/ranking.html