電気代を節約する方法

ネオコーポレーション直伝!電気代節約方法とは?

電気代を節約する方法は様々ありますが、最も手軽な方法は、何といっても電気料金契約プランの見直しです。
今は電力自由化の影響もあり、あらゆる電力会社から選ぶことが出来ますが、携帯会社とのセットプランやガス会社とのセット割引など豊富なプランが存在しています。

ご家庭により最適な契約プランは様々ですが、これを見直すことで確実に節電対策につながると言えます。
よって、節電対策をする上でまず初めにすることは、契約プランの見直しをすることだとネオコーポレーションは推奨しています。

【家電製品の買い替え】

次に家電製品の買い替えをすることをおすすめします。
家電製品は最新のものになるにつれて省エネ機能の性能が高くなります。

壊れていないからという理由で古い家電製品を使い続けると、かなりの電気代がかかっていることにもなりかねないため、10年以上前の家電製品を使っている場合は買い替えされることをおすすめします。

また洗濯をする際は、タイマー機能を使って電気代が安い時間帯にまわすこともおすすめですし、一日に何度も洗濯機を使用するよりは、まとめて一度にする方が確実にコストはかかりません。

冷蔵庫は夏場と冬場の設定温度を変えること、長時間開けっ放しにしないこと、そして食品を詰め込みすぎないようにすることも大切です。

【エアコンは自動運転が一番節電になる】

エアコンを使う時は扇風機やサーキュレーターを一緒に活用する等、一工夫するだけでかなりの節約につながります。
エアコンを使用する際、弱運転をして電気代を節約しようとしている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はエアコンは自動運転が一番節電になる仕組みになっています。

またこまめにスイッチをオン・オフにしている方もいらっしゃると思いますが、これもコストがかかってしまいます。
そのためちょっとした外出であれば自動運転のままにしておくと、帰宅後も快適ですし節約にもつながるのでおすすめです。

【その他の節電方法いろいろ】

その他、テレビを見ない時は主電源から切ること、炊飯器や電気ポットはコンセントを抜いておくなど、出来るだけ根源から断ち切ることが大切となります。
ご家庭でパソコンを使用している方も多いと思いますが、一日に何度も使用する場合、シャットダウンするよりもスリープ機能を使う方がコストはかかりません。

最後になりますが、カーテンを遮光性にする、窓の断熱対策をする、電気代の高い時間帯に外出する等、毎日の生活を見直すことでコスト削減につながることはたくさんあります。

日々の生活を見直して節電しやすい環境を作ることをおすすめします。

ネオコーポレーションより一部引用