節約に繋がる電子ブレーカーの特徴

電気代節約

1.電子ブレーカーとは?

ネオコーポレーションなどが提供している電子ブレーカーとはいわゆる遮断器のことで、遮断機は一般的に契約以上の電気を使えなくしたり、漏電による事故を防ぐ為に使われています。
従来の遮断器はバイメタルといって、温度の上昇によって変形する金属を用いているのが特徴です。

漏電などの異常事態が発生すると、電流量の変化から発熱が生じて変形を引き起こし、物理的に回路を遮断するというわけです。
電子ブレーカーはこれをマイコン制御で行うもので、新しい仕組みで設計されているといえます。

こちらの特徴としては、制御が無駄なく細かく行えることで、余計な消費電力を使わなくて済む点にあります。ネオコーポレーション電子ブレーカー評判より引用

既存の遮断器から置き換えると、電力会社との契約がより無駄なく行えるので、契約容量が下げられるようになります。
契約容量が下がるということは、その分月々に支払う契約料金も下がることを意味しますから、年間では更に無視できない節約へと至ります。

どの程度の節約になるかは、置き換える遮断器の種類や契約内容によりますが、店舗などの商業施設だと月に数万円の削減に繋がるので馬鹿にできないです。

年間だと数十万円の無駄が減るわけですから、導入を検討する人達が増えているのも頷けます。
これは事業の規模が大きく消費電力が大きな施設ほど、節約できる可能性が大きいことを表しています。

2.ネオコーポレーションのような信頼できるメーカーの電子ブレーカーを選択すること

実際に導入を考えたい場合は、信頼できるメーカーの電子ブレーカーを絞り込み、用途に合ったものを選ぶのがポイントです。
日本国内で流通している製品は、いずれも国が定めたJIS規格に基づき設計・製造されているので、基本的な機能性は共通です。

ただ、メーカーによって製造品質にばらつきが生じたり、微妙なところで性能差が現れるのは本当です。
信頼性や長期的なランニングコストの意味でも、短期間で壊れてしまっては困るので、やはり信頼と実績のあるメーカー製品が狙い目となるでしょう。

電子ブレーカーにはコンピュータの頭脳に相当する、CPUという高度な半導体が使われていますから、製造品質が良くないと故障率が高まります。
故障時に対応してくれるメーカーならまだ良いですが、アフターフォローが微妙で期待通りの対応が得られないと、コスト削減どころか逆転に転じてしまいます。

理想的なのは、一度導入したら定期的な点検のタイミングまで何も不具合が起こらないという、ごく当たり前の安定した動作です。
バイメタルを使った遮断器と比べて、パーツが精密で設計や製造品質の重要性が増していますから、その点は頭の隅に置いておく必要があります。

仮に日本のメーカー製だとしても、自社で設計や開発を行わず、他社に丸投げして任せているケースも存在します。
OEMといって、他社の製品を他のメーカーが製造するのは珍しくありませんが、完全に丸投げだとそのメーカーの技術力やアフターフォローに懸念が生じます。

構造や設計を理解してこそ、初めて自社の製品が自信を持って世に送り出せるものなので、電子ブレーカーを購入するならこういったメーカーが理想的です。

3.大量の電気を使う工場やサービス業、農林水産業の施設などに節約が期待できる

導入によって節約に期待できるのは、大量の電気を使う工場を始めとして、サービス業や農林水産業の施設です。
工場なら自動車や鉄工にプラスチック加工を始めとして、金属の研磨と機械全般や紙工業も対象に入ります。

サービス業は販売業を筆頭に、飲食店とガソリンスタンドやホテルなども対象です。
医療機関でも節約の恩恵が受けられる可能性が高いので、前向きに導入を検討するだけの意味があります。

農林水産業においては、各種の協同組合や水産業に牧場も対象ですし、農作物の栽培を行う施設でも検討の余地が生まれます。
勿論、これで全てではありませんから、実際にはもっと多くの多様な業種で検討が行われたり、既に導入してコスト削減が実感されています。

メリットがあるということは、当然ながらいくつかのデメリットも存在しているので、電子ブレーカーを真面目に検討するならこちらも知っておくことが大切です。

主なデメリットは、販売店が間に入ることでコストが発生したり、トラブルの種が増えてしまうことでしょう。
前者は導入の際に避けられない負担なので、なるべく少なく済む販売店を見付けると回避できます。

後者も選び方一つで変わってきますから、販売店は相対的に比較して絞り込んだり、これまでの評価を参考に検討することをおすすめします。
他にも突然遮断器が機能して電気が止まってしまう、トリップという現象の発生がデメリットです。

トリップの発生は遮断器の故障の他にも、遮断器と契約容量のミスマッチによって生じるケースがあります。
頻繁にトリップすると営業などに影響しますし、食材を取り扱う飲食店なら食材が傷むリスクが高まります。

ビルやマンションではエレベーターや空調設備が使えなくなり、建物の機能自体に支障が出てしまうわけです。
信頼できるメーカーの製品で、適切な容量を選べば起こらない問題ですから、そういった部分においても信頼できる販売店を選び、そして任せることが重要となります。